traveling

空港に行く

関空は海外へ行く際に利用する人が多く、海外への旅行や出張などによく使われています。手荷物が増えてしまうと移動が困難になってしまうので、そのときは近くの駐車場を使うと移動が便利になります。ネットから検索をすれば駐車場情報を見ることができます。

Readmore

魅力的な青い海

沖縄は青い海を満たことの無い人にとっては憧れの強い街です。そのため、子供の頃に海を見たことがない人はその反動でダイビングを始める人もいます。沖縄ダイビングツアーでは、沖縄の海を堪能できる企画が満載です。

Readmore

安くて楽しい

国内旅行は海外旅行よりも最近楽しむ人の数も増えてきています。海外へ行くよりもリーズナブルなのも魅力です。バスツアーはそのなかでもとても安く旅費が済みますが、富士山が最近遺産に登録されたこともあり人気です。

Readmore

ゼミでの合宿

ゼミ合宿での費用と手段

大学などでゼミを受講されている方にとって、ゼミ温泉合宿は行事として組み込まれている学校もあるようですが、ゼミ自体が少人数制をとっている場合が多いので、勉強会や親睦会といった意味合いが強いでしょう。 ですので、場所やゼミのテーマによっても変わってくると思いますが、近場であれば乗用車での移動も可能ですし、観光バスや電車での温泉への移動というパターンも可能です。 さらにゼミ合宿で利用する宿泊施設に関しては、個人で友人同士で泊まりに行くのとほとんど一緒ですので、1泊2日であれば1万〜2万5千くらいで事が足りるでしょう。 ただ研究をするテーマによっては資材や施設が必要ですが、これらはよほどの大掛かりなものでない限りは低コストで可能なはずです。

合宿をする意味合いと目的

ゼミ温泉合宿の特徴としては、通常の旅行とほとんど変わらないのですが、合宿をするからには目的があるはずです。つまり研究室などでできない体験や研究をするということです。 具体的にはゼミの延長上には卒業論文があるのですが、卒業論文のテーマというのは簡単に決まるものではないのです。仮に決まっていたとしても内容をすらすらと記載してまとめられるようでしたら、ゼミとして集まる必要はないからです。 そこでゼミ合宿という名目で、ゼミ内の交流を深めつつ、論文のテーマや進め方などを考えていこうということです。 中には交流を深めることのみの合宿もあるようですが、それはそれで良いです。もしゼミを履修してまだはじめのうちはぎこちない部分などがあるはずです。そこで合宿を通じて交流を深めていくことで、今後のゼミでの活動の幅が広がっていくということです。